■映像製作保険

欧米では映像製作専用のパッケージ保険がありますが、日本には現在そのような保険はありません。

したがって当社では、「傷害保険」「賠償責任保険」等、既存の商品を組み合わせることによってオーダーメイドの保険プログラムとしてご提案しております。

短期間に多額の費用・人・物が動く映像製作は
それに比例してリスクが集中しています。
*ご参考「映像(映画)製作リスクと保険の機能」
 映画(映像)製作の完成を阻害する要因はさまざまですが、事故については損害保険で相当のリスクをカバーする事が可能です。

インターネットでのお問合わせはこちらから

 

想定される事故例

(例1) スタッフ・キャスト・エキストラが撮影中の事故で怪我をした。

(例2) 借用ロケセットを損壊してしまった。

(例3) 屋外撮影中、通行人に怪我をさせてしまった。

(例4) 撮影に使用する機材を損壊させてしまった。

(例5) 海外ロケ中のスタッフが重病にかかり急遽帰国する事になった。

*ご参考「保険金のお支払い事例」

 撮影内容からリスクを想定し、各種損害保険を組み合わせて対応致します。
(基本的な損害保険としては、以下の組み合わせが一般的です。
)

  @ スタッフ・キャスト・エキストラが撮影中、事故で怪我をした場合の
    傷害保険
 
  A ロケセットを損壊させてしまったり、屋外ロケ撮影で通行人を怪我
   させてしまった場合の損害賠償責任保険
 
  B 撮影に使用する機材を損壊させてしまった場合の
賠償責任保険・
    動産総合保険